ご購入はこちらから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
button button button button button

明けましておめでとうございます【C87レポート】



▼C87新刊委託はじまりました!▼

ご購入はこちらから


~新年のご挨拶~

ブログをご覧の皆様
明けましておめでとうございます。
このデジタル蜃気楼は6年目の年を迎えました。
先日の冬のコミックマーケットでは沢山の方に
本をお手に取って頂き感謝溢れる一日でした。
去年は仕事の転機もあって同人活動もなかなか思うようにいかない一年でしたが
今年は謙虚に地道に活動を続けていきたいと思います。
2015年もどうぞよろしくお願い致します。



■C87アフターレポート



えぇ…早速ですが…


…結論から先に申し上げます。


みなさん



睡眠はちゃんととりましょう



もう馬鹿じゃないのってくらい寝てないw
72時間(三日間)で睡眠時間3時間とかアホ
もう限界、コスモが見えた。
サークル参加しててよく倒れなかったと思う。

~一日目~

28日は夜勤明けで東京へ出発したので
コミケには参加できませんでしたorz
その代り昔の友人たちと前夜祭を開いて盛り上がりました。

盛り上がったのはいいんですが
ホテルに帰り着いたのは1時頃…
明日が本番だというのにいつもこんな感じで
後悔しても反省はしてない自分です。

楽しければ良いと思うんですが
さすがに一年に二・三あるかないかの一大イベントですから
もう少し余裕をもった一日にしたかったです。
結局準備を済ませて寝たのは朝4時…

~二日目(本番)~

起床したのは朝6時
前日騒いだ仲間とは同じホテルでしたが
彼らは別のサークルなのでここからは別行動です。
あいにくの雨の中タクシーで会場へ向かいました。

冬コミでの最大の目標は「挨拶回り50サークル」でした。
事前にpixivやtwitterなどのSNSで交流のあった方々をチェックしてたら
50を超えたのでびっくりしつつも、今年は挨拶に重点を置きたいと
これらのサークルを回ることを決意しました。

と言ってもさすがに全部きちんと回れるとは思ってもいません。
なかには挨拶回りのすれ違いで本人が席を外していたり
開場前に訪問した場合まだ来ていなかったり
いろいろとすれ違いがありました。
大手サークルさんなんかは腰が引けて行けなかった所もあります;^^

結局回れたのは40サークルくらいでした。
それでも過去最高記録で
手元には新刊交換で頂いた本がずっしりとあります。

最近欲しい同人誌が少なくなって
殆ど買いにいくことは無くなりました。
その代り挨拶回りに行くサークルさんは増えて
結果、戦利品はがっつり収穫できる状態です。

超個人的に大ファンの鳴海也さんのところにも挨拶に行きました。

いつもこんな僕を相手にお話をして頂けて本当に感激です。

本当はサイン(絵入りじゃなくて普通のサイン)が欲しくて
色紙と額縁まで用意したつもりだったんですが
肝心な色紙を忘れてしまったので貰いそびれてしまいましたorz

それでも鳴海也さんからは新刊だけでなく
ここでは言えない特別なプレゼントを頂けたので
僕は死んでもいいくらい嬉しい一日になりました。

イベントが終わったあとは恒例の打ち上げをやりました
この打ち上げについてはいつか別のレポートを書きたいと思います。
来て頂いた皆様、ありがとうございます!!!

この日は終電までには帰れると思ったんですが…
二次会も含めてホテルに帰ったのはなんと朝5時!
ばかやろう!
明日…じゃなくて今日!
もっといえば、この後すぐコミケ三日目!
早い人はもうすでに並んでるっつーの!!

帰る準備も済ませてから6時に寝ました;

~三日目~

朝7時起床。
不思議と眠たくなかったです。

コミケ三日目は挨拶回りも3サークルしかなく
欲しいものも全くチェックしていなかったので
挨拶をおえたら友人と会場のレストランで食事して
すぐ帰りました。

ここでの教訓は荷物を預けるロッカーはどうせ空いてないから
ギリギリまでホテルに預けとけって話です。

朝全ての荷物をもってチェックアウトしたのですが
ロッカーに預けようと思っても付近の駅のロッカーが
全滅していたので仕方が無くそのまま会場へ…

カートが悪者扱いされるのはわかりますが
そこまで露骨にしなくてもと思いました。
僕も持ってくるつもりじゃなかったんです
他の人の足に引っかからないように注意して持ち運んでます

それでも足に引っかかったとき
相手から舌打ちされたり、
酷いときはわざとカートを蹴られました。

僕もカチンときましたが
会場にこんな大きいカート
持ってくる方が悪いんだと思いながら
泣きそうになりました。

以上コミケでの反省と教訓でした。




今回は時間も無いので短めのレポートです。
本当は漫画形式で描きたいですね。
もっとお絵描きスキルがあればなぁ~




にしもん

にほんブログ村 ゲームブログ 東方Projectへ
にほんブログ村
button button button button button
スポンサーサイト

【絵】一年前のイラストを今解説する【古明地さとり】

satoriplay9-blog.jpg





題「 古明地さとりのカード遊び 」





丁度一年前のイラストになりますが
今解説したいと思います(:3

記憶を辿りながら解説するのは初めてですw

このイラストは画集「東方蜃気楼―地の書―無間地獄」に収録したものです。
2013年の11月30日に完成したことになっています。

使用ソフトは今と変わらずIlluststudio
制作時間はおよそ30時間と思われます。

古明地さとりの自室をイメージして描かれた一枚。
主人公(自分)とさとりがトランプで遊んでいる様子を
主人公目線で描きました。

しかし、さとりにしてはなんともお茶目過ぎるアクシデント…
さとりの手札は鏡に反射して見えてしまっているのです!

それに気づいていないのか、さとりは
「私の心を読んでごらんなさい」
と嘲り笑うかのような視線を送っています。
可愛い、実に可愛い。

そんな楽しい雰囲気の絵にしようとしたので
色使いは暖色で落ち着いた空気に、

さとりのような性格の子の部屋には
ピアノが置いてあるだろうなと思いました。なぜか思いました。
そしてそのピアノの上にはトロフィーとか飾ってあるだろうなと。
ごく普通でちょっとお金持ちなお屋敷のお嬢様って感じの部屋です。

壁にかけられた絵はさとりの趣味が繁栄されるだろうから悩みました。
僕が直観的に感じたのは自分自身の絵と、愛する妹の絵だろうなということでした。

左にかかっている絵は妹のこいしと思われるシルエットが描かれた
物悲しげな配色の絵、これはさとりの深層をイメージしました。
真ん中はこいしの絵(写真)
右は自分自身の絵(写真)です。
自分自身を愛するちょっとナルシストな一面があると思ったからです。
鏡もその類ですね。
トロフィーが絵に入り込んでるのも
自己顕示欲の表れをイメージしてます。

そういう意味でこの絵は人間性が強いテーマとなっております。
トランプのアイディアは某映画がもとになっていたり……


スティッカムで初めてお絵描き配信した時の作品でもあります。
お絵描き中何を話して良いかわからず
終始無言で貫き通しましたw見てくれた人には感謝です。
また配信したいのですが
お絵描き修羅場など忙しいときは
手間なのでなかなか配信できません。
時間に余裕があって、機会があれば
スティッカムでお絵描き配信したいです。


それでは今回はこの辺で、さようなら(´ω`)



にしもん


にほんブログ村 ゲームブログ 東方Projectへ
にほんブログ村
button button button button button

【特設】C87出展情報

皆さんはこの年末の予定、決まりましたか?
僕はコミックマーケット87に参加します!
あぁ…原稿も終わってやっと一息つけました(¦3」
おふとんがいつもより暖かいですzzz


にしもんです


|| コミックマーケット87出展情報



会 場:東京ビッグサイト

日にち:12月29日(二日目)

配 置:東6ホール ヌ-14b

サークル名:デジタル蜃気楼

頒布物:

■新刊「東方蜃気楼 ―星の書― 一蓮托生
サイズ:B5/ページ数:32P/フルカラー

ichirentakusyo-表紙001

画集シリーズ第四弾は星蓮船を舞台にしたフルカラー画集です!
全て描きおろしの新作イラストだけの豪華な構成となっており
細かい設定や作品の見どころなどを詳細に解説した
作品解説」やメイキング講座
10分でマスターできる簡単イラストメイキング術」を掲載しております。(下の写真はそのサンプルです。)

ichirensmpl.jpg


◇イベント価格 500円◇

現在とらのあなにて委託決定!こちらからご予約が可能です。
ご購入はこちらから




■新作グッズ「多々良小傘A1サイズタペストリー
聖白蓮A1サイズタペストリー」計二種



tapesmpl.jpg


◇イベント価格 一枚3,000円◇(セット購入割引あり。お品書き記載)
※タペストリーはイベント限定商品です。現在委託の予定はありません。



■既刊「東方蜃気楼―永の書―永劫回帰」価格500円
画集シリーズ第三弾

■既刊「東方蜃気楼―地の書―無間地獄」価格500円

画集シリーズ第二弾

■既刊「東方蜃気楼―花の書―鏡花水月」価格500円※残り僅か

画集シリーズ第一弾


■グッズ「藤原妹紅タペストリー」価格3,000円
「さとり&こいしクリアファイル」価格300円



◇おしながき◇

▼クリックすると大きい画像が見れます。
c87-blog.jpg













にしもん

にほんブログ村 ゲームブログ 東方Projectへ
にほんブログ村
button button button button button

【絵】月下のローレライ【ミスティア・ローレライ】


ミスティア・ローレライs

---------------------------------------------------
題「 月下のローレライ 」
---------------------------------------------------



幻想郷の歌姫、みすちーことミスティア・ローレライです。
夜雀たちの住処を描きました。
樹木と建築が一つになったツリーハウスの集落。
人間の手の入らない夜雀の巣。
加工されて建築物へ姿を変えた樹木も
まだ生きているかのように
耳をすませば呼吸を感じることができます。

永い夜
静かな夜に響く
艶やかな歌声に惹かれて
見上げた先には夜雀たちの町が広がっていました。



こんばんは、にしもんです。

こちらのイラストはコミックマーケット86の新刊
画集「東方蜃気楼―永の書―永劫回帰」に収録したものです。
永夜抄をテーマに描いたものです。

このミスティアは原稿締切間際に描かれたものですが
それにしては背景の描き込みなどしっかりして
イメージ通りの世界観を表現したなと客観的に評価しています。

ただもうちょっと構図がどうにかならんかったかなと思います。
キャラ重視でありながら背景もちゃんと描く
これが自分のコダワリなんですがこの絵は
どちらも喧嘩しているようでちょっとマイナスです。

しかし夜雀の町という新たな幻想郷観を提示したのでは
と思うと少しニヤニヤします。

ミスティアにも夜雀の仲間がいて
夜雀の町という一つのネットワークが形成されている。
その世界に迷い込んだ感覚を絵にしたかったです。

左上の家はミスティアの自宅という設定です。
看板にミュージックハウスと書いています。
自宅兼レコーディングスタジオなのです。

ここの連中は基本的に空を飛べるのですが
形だけの縄梯子や階段があります。
人間もくるのかもしれません。
高所恐怖症の人はやめておいた方がいいでしょう。

今日のミスティアはニーソを履いていました。
ニーソフラグ回収は余裕でした。

ミスティアをイメージしたらやっぱり白ニーソ。
服と同じチョコレート色でも良いですね。

ドロワーズちらり。いやモロ。
pixivでもドロワーズタグを頂きました。ありがとうございます。
ショーツのモロ見えはさすがにまずいだろう(デジタル蜃気楼の倫理規制に引っかかる)と思ったので
ドロワーズにしました。

パンツじゃないから恥ずかしくないもん

失礼しました。

今後も精進したいと思います。
pixivにもっと大きいサイズの絵を載せてます。

今回もチルノがどこかに隠れていますので
大きいサイズの絵で探してみてはいかがでしょうか?






にしもん

にほんブログ村 ゲームブログ 東方Projectへ
にほんブログ村
button button button button button

【途中経過】ナズーリンだけ可愛すぎる【色塗り】

ナズーリン-blog


色塗り途中のナズーリンです。
ツイッターでこれを紹介する際に眉毛を描き忘れてることに気づきましたw危ない危ない
ナズーリン可愛いですね、一匹(?)飼いたいです
そして僕は奴隷のように働かされる毎日を……


おはようございます、にしもんです。
実はこの記事を書くころにはナズーリンは完成しております。
途中経過のイラストを沢山とってあるので
いずれ「メイキング of ナズーリン」など出来たらいいな
なんて思っております。

サンプルとして途中経過の塗りはコチラです↓

ナズーリン4s


背景もキャラも一枚のレイヤーでゴシゴシと厚く塗っております。
一見大変な作業に見えますが、レイヤーを間違えて選択するミス(絵描きあるある)
レイヤーを切り替える手間が一切ないので割と速いです。
ただしキャラと背景の輪郭など重なる部分は描くのに注意が要ります。
普通はキャラと背景を一枚のレイヤーで描くなど
デジタルペイントの世界では考えられないことだと思います。
本当は無駄だらけで一つも良いことは無いんです。
その常識を覆す一枚になればいいなと思います。
以前は幽香と庭園の絵でも同じ技法を用いました↓



アナログにとても近い感覚で描けるので塗る手順など勉強になります。
デジタルペイントしか使ったことのない絵師様がいらっしゃいましたら
一度挑戦してみてはいかがでしょうか?
違った世界が見えますよ!



にしもん

にほんブログ村 ゲームブログ 東方Projectへ
にほんブログ村
button button button button button
企画詳細ページはコチラ


Twitterでフォローする

Twitterでフォローする

pixiv投稿イラスト


pixiv

ニコニコ静画

アーカイブ

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

タグクラウド

アクセスカウンター

Copyright © にしもん

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。