ご購入はこちらから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
button button button button button

長い戦いが終わった・・・【原稿日記】

今猛烈に頭と首と手首が痛くて吐き気も伴って死にそうです。たぶん死にます。


にしもんです。






終わった・・・


何もかも・・・・・・


これからのことは明日の自分に任せる


今日の自分はとにかく寝ることが任務である。


祝福に一か月振りのビールを飲みたかったが、


死霊・・資料に埋もれていたベッドを片付けたら


そのまま気絶して、記憶がない・・・・・


今そこから12時間経っていて、ようやくブログを更新している。



 どうやら「寝る任務」は昨日の自分が達成してくれていたようだ




まず2か月に及ぶ普通修羅場と1週間の「極修羅場獄」は

死に値する耐えがたさであった。


締切2週間前くらいになったとき

相棒であるスケジューラー(名:分刻み八つ裂き殺し君)が

「もう絶対間に合わないよ^0^あいがとう」

と教えてくれたので

間に合わないのならもう諦めていいんだな

と、諦めムードの誘惑に押されて

5時間ほどベッドに横たわった・・・

そのままだったら確実に新刊を諦めていただろう


そんな酔いは5時間で覚めた

くそったれと心の中で叫んで

絶対あきらめてなるものか

死んでも間に合わせて見せる

どんな手段でも構わない


新刊を落とすというのは同人活動で

もっとも恥ずべき事態であり怠惰の証拠

情けないことこの上なく

もし落とすはめになったのなら

腹切って死ぬ所存で立ち向かうべき

生涯絶対で普遍的な敵であるのだ。


この強大な敵にはなんとしてでも勝たなければいけない

そう心に近い、炎が熱くゴウゴウと音を立て

再び原稿作業に戻った。



ある程度の妥協も、認めたくないが

計算に入れなければならなかったのが辛い。

しかし新刊を落とすことに比べたら些細なこと

1週間前はこの些細なことさえ

慢性的な睡眠不足と栄養失調による

判断力の低下によりわからなくなってしまっていた。



そこで次のことを理解し、悟った。







何のために描いているのか?

そんなことは考えるに無駄なことである。


自分は絵を描くために生まれてきたのだから

自分の手は絵を描くように出来ている。

で、あるから、

今こうして絵を描いているから絵を描いているのだ。







と、このように理解することができた。






療養が終わったら次回はコミケの発行物について

作品サンプルも交えて紹介したいと思います。





にしもん


にほんブログ村 ゲームブログ 東方Projectへ
にほんブログ村
button button button button button
スポンサーサイト

通勤中の車内から

ようやくスマホを手に入れたので
通勤中のブログ更新も大分ラクになったと思います(´ω`)

にしもんです。

ブログを改装途中のまま放置してすいません。
夏コミの原稿が大変です。
皆そうだと思いますが、仕事も大変だし
体調も優れずその上原稿もやらないといけない。
原稿もある程度の完成度というか
久々に委託を考えているのでクオリティが欲しい
だけど時間が出来ずクオリティに満足できません

デジタル蜃気楼は今まで原稿を落としたことがなく
これからもそのポリシーは守るつもりです。
かといって間に合わせとか妥協という言葉が
大嫌いな性格なので非常に心を病む事態と化しています。

落ち込んだり笑ったり
色々悩む事が出来るのは
唯一この通勤中の電車内だけです。
ブログでデジ蜃の情報を発信できるのも
唯一この瞬間です。

職場で仕事をこなし
家で絵を描きます

それ以外のゆとりは一切なく
あらゆる感情さえも
職場と家では一つに集中されます

みなさん

原稿が出来るまでの
しばらくさよならです



にしもん
button button button button button

修羅場が終って一段落

御久しぶりです、にしもんです。

ようやく一枚の作品が完成して、一段落といったところです。

4月の下旬から5月3日にかけて

合同誌のゲスト原稿に取り組んでいました

キャラクターは「射命丸文」です。

短い期間とはいえ、総作画時間は70時間以上にも及ぶ大作となりました!

普通にのんびり描いてたら1ヶ月以上はかかっていたでしょうね。

おかげで満足のいく作品になったかと思います。

射命丸といえば、最後の描いたのは2年前の「風鳴-kazanari-」ですが(下のイラスト)



見比べると段違いに変わったなぁと実感します、いい意味でも悪い意味でも;^^

合同誌企画の作品なので、例大祭が終るまではお見せできないのが残念です。

この頃から背景など凝りだして、

見た目の綺麗さに重視を置くようになりましたね。

幻想郷の世界観をもっと表現できるようになりたい

と思って描いてますね。

魅力的なキャラクターも大事なファクターですので

どうしてもキャラモノとしての作品主義は譲れない

けれども「キャラクターイラスト」というジャンルに囚われず

もっと絵としての完成度をきっちり固めたいところであります。

そのためにも、やっぱり基本は大切!

描かなければならない画題がまだまだ沢山あることに気付きました。

幻想郷の魅力と、そこに住む人々、

及び妖怪・神々その他もろもろ…沢山の魅力を伝えたいです。

ひいては東方Projectという作品についてもっと知ってもらいたいですね^^





にしもん


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村
button button button button button

[徒然の日記]ゴッホ展に行って来ました

一言ニュース:pixivとツイッターのアイコンをこちらの小町ちゃんに変更しました!
今後ともよろしくです(´ω`)
prof-komachi-b.jpg



みなさんこんばんは、にしもんです(´`

徒然の日記 第2弾

今日は京都市美術館にゴッホ展を観に行って着ました!

マイピクのさよっささんを拉致 誘って一緒に行きました^^


結論から言うと

ゴッホ展に観に行って良かったです!

なんというか今後の絵作りにも良いインスピレーションが湧いてきたし

モチベーションも上がりました↑↑↑↑↑

ゴッホの絵は昔から憧れだったので

ようやく会うことが出来て感激・感動です(/□≦、)

実は僕が今まで描いてきた作品にもゴッホの影響があるんです。

それは"夜空"の色彩。

ゴッホが描く夜空は、吸い込まれるような青さと

闇の中に無限の色彩を感じるような深い色合い

あまり有名ではありませんがゴッホの「星降る夜」という絵が

とくに僕のお気に入りで、(これが展示されてなくて残念だったのですが)

この絵は絵画的に価値があるかとかどうのこうのより

心から純粋に綺麗な絵だなぁと僕が最も感動した作品です。

どんな絵か興味のある方はグーグルで調べたらこんな感じで出てきます↓

http://www.google.com/search?q=%E6%98%9F%E9%99%8D%E3%82%8B%E5%A4%9C+%E3%82%B4%E3%83%83%E3%83%9B&lr=lang_ja&hl=ja&tbs=lr:lang_1ja&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=oqdyUZflMoKakQWqzIAg&ved=0CDAQsAQ&biw=867&bih=575

いつかこんな風景を描きたいなぁなんて思いながら

東方のキャラ描いてますw


絵のタイプにもよるけど

厚塗りとか水彩塗りとかその他アナログ風味の塗りをする人は

絵画を見たりするのが良い参考になると思うのです。

構図とか色彩とか見れば見るほど奥が深く

よく考えて描かれていることに気付きます。感服です。



今僕が描いてるような絵はどちらかというと

「イラスト」と区別の付かないものです。

しかし「絵」と「イラスト」は違う気がしませんか?

僕は漫画イラストや、ギャルゲーイラストという文化によって誕生した

近代の二次元美少女イラストを「キャラクター主義」と勝手に呼んでいます。

これについては今後また詳しく言及しようと思いますが。

要は一昔前 萌え~ とか言って描かれてきた萌え絵は

俗文化(サブカルチャー)というより、美術史の一つとして語られるものであり

近代芸術の一属性である、ということです。


奥が深いですね……。






にしもん
button button button button button

徒然の日記

こんにちは、にしもんです。

今僕は知り合いのサークルさんが出す合同誌に

ゲスト参加が決まって、新しい絵を描いています。

それが終るまでは、しばらく自分の絵はお休みです。

僕も例大祭に参加が決まっているので

映姫様のイラストと小町ちゃんのイラストを

タペストリーにするため、印刷屋に入稿しました。


同人活動は時にめんどくさくて辛いこともあります

しかし僕の絵を見てくれる人がいるのは幸せなことであります。

ただ絵を描くだけっていう趣味ではないような気がしてきました

僕の思っている同人活動は、もっとややこしくて。

最近そんなもやもやに疑問を抱き始めて、

なんだかやる気が出ません。

でも、それを乗り越えることが、また成長だと思っています。

そうやって間違いや失敗を繰り返して今の自分があるわけですから

今やってることも、もしかしたら間違ったやり方かもしれない

たとえ間違っているとしても

今出来ることは描くしかないんです。


昔を思い出すと、昔は今より頑張っていた。

昔の自分が、今ここにいたら

もっと描けって、うるさいでしょうね(;^^)






にしもん


にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
button button button button button
企画詳細ページはコチラ


Twitterでフォローする

Twitterでフォローする

pixiv投稿イラスト


pixiv

ニコニコ静画

アーカイブ

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

タグクラウド

アクセスカウンター

Copyright © にしもん

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。