ご購入はこちらから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
button button button button button

[徒然の日記]ゴッホ展に行って来ました

一言ニュース:pixivとツイッターのアイコンをこちらの小町ちゃんに変更しました!
今後ともよろしくです(´ω`)
prof-komachi-b.jpg



みなさんこんばんは、にしもんです(´`

徒然の日記 第2弾

今日は京都市美術館にゴッホ展を観に行って着ました!

マイピクのさよっささんを拉致 誘って一緒に行きました^^


結論から言うと

ゴッホ展に観に行って良かったです!

なんというか今後の絵作りにも良いインスピレーションが湧いてきたし

モチベーションも上がりました↑↑↑↑↑

ゴッホの絵は昔から憧れだったので

ようやく会うことが出来て感激・感動です(/□≦、)

実は僕が今まで描いてきた作品にもゴッホの影響があるんです。

それは"夜空"の色彩。

ゴッホが描く夜空は、吸い込まれるような青さと

闇の中に無限の色彩を感じるような深い色合い

あまり有名ではありませんがゴッホの「星降る夜」という絵が

とくに僕のお気に入りで、(これが展示されてなくて残念だったのですが)

この絵は絵画的に価値があるかとかどうのこうのより

心から純粋に綺麗な絵だなぁと僕が最も感動した作品です。

どんな絵か興味のある方はグーグルで調べたらこんな感じで出てきます↓

http://www.google.com/search?q=%E6%98%9F%E9%99%8D%E3%82%8B%E5%A4%9C+%E3%82%B4%E3%83%83%E3%83%9B&lr=lang_ja&hl=ja&tbs=lr:lang_1ja&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=oqdyUZflMoKakQWqzIAg&ved=0CDAQsAQ&biw=867&bih=575

いつかこんな風景を描きたいなぁなんて思いながら

東方のキャラ描いてますw


絵のタイプにもよるけど

厚塗りとか水彩塗りとかその他アナログ風味の塗りをする人は

絵画を見たりするのが良い参考になると思うのです。

構図とか色彩とか見れば見るほど奥が深く

よく考えて描かれていることに気付きます。感服です。



今僕が描いてるような絵はどちらかというと

「イラスト」と区別の付かないものです。

しかし「絵」と「イラスト」は違う気がしませんか?

僕は漫画イラストや、ギャルゲーイラストという文化によって誕生した

近代の二次元美少女イラストを「キャラクター主義」と勝手に呼んでいます。

これについては今後また詳しく言及しようと思いますが。

要は一昔前 萌え~ とか言って描かれてきた萌え絵は

俗文化(サブカルチャー)というより、美術史の一つとして語られるものであり

近代芸術の一属性である、ということです。


奥が深いですね……。






にしもん
button button button button button
スポンサーサイト

徒然の日記

こんにちは、にしもんです。

今僕は知り合いのサークルさんが出す合同誌に

ゲスト参加が決まって、新しい絵を描いています。

それが終るまでは、しばらく自分の絵はお休みです。

僕も例大祭に参加が決まっているので

映姫様のイラストと小町ちゃんのイラストを

タペストリーにするため、印刷屋に入稿しました。


同人活動は時にめんどくさくて辛いこともあります

しかし僕の絵を見てくれる人がいるのは幸せなことであります。

ただ絵を描くだけっていう趣味ではないような気がしてきました

僕の思っている同人活動は、もっとややこしくて。

最近そんなもやもやに疑問を抱き始めて、

なんだかやる気が出ません。

でも、それを乗り越えることが、また成長だと思っています。

そうやって間違いや失敗を繰り返して今の自分があるわけですから

今やってることも、もしかしたら間違ったやり方かもしれない

たとえ間違っているとしても

今出来ることは描くしかないんです。


昔を思い出すと、昔は今より頑張っていた。

昔の自分が、今ここにいたら

もっと描けって、うるさいでしょうね(;^^)






にしもん


にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
button button button button button

[絵]四葉のクローバーを描く[途中]

幽香の脚(´`)



四葉のクローバーと幽香の脚を描きました。

植物を描くときは緑というか

どちらかというと青に近い緑の暗い色で

シルエットだけ描いて

そこに明るい緑と

さらに明るいところに黄色がかった緑

という風に「暗→明」の順に形どって行くと

立体的で生き生きとした植物が描けると思います。

その中でも光の集まる所とカゲになっているところを意識しつつ

同じ色を何度も使わないようにする。

変化を付けることが重要。

だとわかった。



にしもん

にほんブログ村 ゲームブログ 東方Projectへ
にほんブログ村


button button button button button

[幽香]頭が春な人が良く言うセリフ[途中経過]

ゆうかりん描いてる途中



最近、金縛りによく遭遇します。にしもんです。

というわけでこちら風見幽香ですね

会社が休みの日にちょっとずつ描いてるんですけども

なかなか思うような画にならず苦戦しております。

まぁいつものことっちゃいつものことですけどね。

花を描くのムズカシいなぁぁなんて言ってね、

なんども描き直しては描き、描き直しては描き

お花図鑑を眺めながら一日一日が経っておりますけども

まぁ…季節は春ですわな、桜もえぇ感じに咲き散らかしてね

こんな季節にもなると季節だけやなく頭も春な人って湧いてくるやろ?

いっつも思うのが「桜ってなぁ、、、パッと咲いてすぐ散るやろ、、美しいなぁ…」

っていう人。なんなん?

そら桜は美しい。散りゆく姿もビジュアル的に美しいの解る。

なんでそんな「短い命=美しい」みたいな。

そこが理解できん。

そんなん桜なんか一年中咲いとっても美しいもんは

いつ見ても美しいんじゃボケ。

というわけで話は戻りますけども

風見幽香をどげんかせんと遺憾。

ちゅうわけでコツコツ色塗っていこうと思います

あ、色塗るとき「コツコツ」って音はしませんので

どっちかっつうと…「ペタペタ」?


そうや!!

自分ペンタブやから音めっちゃ静かやぁああああ!!!!

いま気付いたぁああ~~~

(まさかのペンタブ落ち)




コメントのお返し

3/10

>ずかぴん様

観て頂きありがとうございます(^^

脚は気合入れた部分なので気に入ってもらえてウレシイです
button button button button button
企画詳細ページはコチラ


Twitterでフォローする

Twitterでフォローする

pixiv投稿イラスト


pixiv

ニコニコ静画

アーカイブ

03 ≪│2013/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリ

タグクラウド

アクセスカウンター

Copyright © にしもん

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。