ご購入はこちらから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
button button button button button

【ラクガキ】もじもじさとり

20131030104737193.jpg




最近さとり様を描かないと思ったので適当にラクガキ

スマホで撮ってスマホで加工してスマホで画像圧縮

超便利ですねっ!!


デフォルメキャラは描くのが簡単そうに見えて奥が深い

まだまだ研究していきたいですね。

デフォキャラで動きのあるポーズもかけるようになりたいです。

このくらいの頭身でぴょんぴょん動き回ったり

格闘したり踊ったり

カラダ全体で感情表現!


そう考えるとアメリカのパワーパフガールズは凄いアニメ。

小さい頃よく見てました^^






にしもん


■おまけ
lv50.jpg

艦隊これくしょん 3ー2クリア時のメンバー

響がお気に入りです^^

にほんブログ村 ゲームブログ 東方Projectへ
にほんブログ村
button button button button button
スポンサーサイト

【絵】鴉天狗の作戦会議【射命丸文】


鴉天狗の作戦会議【射命丸文】





題「 鴉天狗の作戦会議 」




―― 落差200メェトルに及ぶ滝からの流水が深い霧となって峡谷を多い隠した。
昔の人があの山に妖怪が住まうと言い伝えたのは、山岳事故を防ぐための方便だった。
鴉天狗は休憩がてらにそんなことを語った。 ――






◆完成日付 平成25年5月3日
◆制作日数 7日間
◆使用したペイントソフト illuststudio / photoshop
◆作業中の主なBGM 「風神少女」




■絵の思い出とか

こんにちは、にしもんです。
この絵を完成させたのは5月上旬で
今見ると大したことない絵だなぁと反省する部分も多々あります。
絵描き仲間のつきかえさんが合同誌を企画されたので
その折にゲストとして誘って頂きました。
猶予は一ヵ月もあったのに構図がなかなか決まらず
暗中模索した結果残り一週間となり
会社の先輩方で東方を知っている人がいたので
相談しながらザッと描いたラフを持って
よし、時間がないからこれでいこう!
と無理やり制作がスタートしました。
それにしては、結構スムーズな構図運びが出来て
技術面において悩むことは少なかったです。
文々。新聞社のカバンを吊るすアイデアは
その時の会社の先輩の発案で
僕も気に入り、シチュエーションの軸を決定する
大事なアイテムとなりました。
先輩には少し感謝しています。
文花帖(文の手帳)に南京錠をかけるアイデアは
冗談のつもりだったんですが、敢て描きました。
今見ると別に無くても良かったかなと思います;^^
本当はもっとお札とかで封印されてあって
超極秘みたいな雰囲気が伝わるようにしたかったんです。

技術的な話で言えば紅葉を描くのにブラシを自作しました。
初めてブラシを作ったんですが奥が深くて面白いです。
綺麗に散っている感じにするのが難しかったです。

眼下に見下ろす風景は水墨画をよく見たりして参考にしました。
色の選択が難しかったですが、
この絵は上半分を赤い世界
下半分を青い世界にしようという
カラーコンセプトで配色しました。
最近は仕上げ色調整にオーバーレイなどのレイヤーを使用します。
慣れると便利ですが慣れるまではよくわからなかったです。
レイヤーの種類とか色々試してみないと修得しませんね。

ラフの時点ではもっと年齢が高い18歳くらいの見た目だったんですが
描いていくうちにもっと可愛さとかフレッシュさを出したいということで
見た目が若くなりました。
考え方は人それぞれですが、特定のキャラクターを描くとき
僕は絵の雰囲気とか伝えたいテーマによって見た目の年齢が
変わっても構わないと思っています。
絶対お姉さんキャラじゃないといけないとか
幼女以外認めないとかそんな縛りは無いです。
あと一つ付け加えると胸の大きさも気分次第です(笑)
それも作品のイメージを印象付ける大事な要素です。

カメラはNikonの一眼レフFマウントシリーズの一番古いやつです。
今持ってるD600をモデルにしても良かったんですが
やはりこの娘にはクラシックカメラが似合います。
原作のイラストを見るとこの型よりもっと新しいデザインのを
持っていますが、ここは僕の好みで古いのにしました。




■チルノを探せ

この絵のどこかにチルノが二人隠れています。
見つかると少し優越感に浸れます(当社比)

今回はすこし簡単です。お暇な時に是非探して見て下さい。



■射命丸とどんな会話をしているか?

これが絵の楽しみ方ではないでしょうか。
冒頭で彼女の小話を聞いている様子が想像できると思いますが
僕は絵を作る時に概ね「自分」という存在の視点で
描く世界をフレームの中に切り取っています。
自分が、つまり今そこにいるあなたが
この作品の世界に入り込んでいるものと
思って頂きたいのです。
むしろ説明抜きに、絵に吸い込まれるようだ
と悟って頂ける作品を作りたいと思っています。
そのために「自分」の存在は作品の世界にいたほうが良いのです。

難しいので、簡単に
僕は今絵の向こう側で彼女とどんな話をしているんだろう?
と想像を膨らませてみると良いかもしれません。

あなただったらどんな話をしますか?

そこから見える景色はどんな景色ですか?

楽しいですか? 悲しいですか?

何故と思うことはありませんか?

それまでを、どのように生きていたと思いますか?

それからを、どのように生きたいと思いますか?


この射命丸の絵だけに限ったことではありませんが

僕は作品全体を通してこの問いかけをしています。。。



最後までご覧頂きありがとうございます。
次の作品も頑張りたいと思います。
いつも僕の絵を見て頂いてる方に感謝いたします。




にしもん






いつも応援ありがとうございます!!
にほんブログ村 ゲームブログへにほんブログ村
button button button button button

【紅楼夢】おつかれさまでした2/2【重大発表】

紅楼夢の日記の続きです。前回はコチラ

今日は携帯から更新してます。
家でPCをいじる時間がないのがつらいです。
艦これも最近やってません、そろそろ飽きたのと
原稿や仕事が忙しすぎるからです。


【紅楼夢で挨拶に来てくれた方たち】

マイピクなどのネット上で交友のある方たちから
挨拶に来ていただき大変励まされました。
やはりこういう絵描き同士の繋がりは大切にしないといけませんが
極度の人見知りとコミュ症もあって臆してしまいます。
今回は開始から終了までずっと売り子をしていたので
ある意味挨拶周りのすれ違いなどがなくて良かったです。
来て頂いた方は全て僕と会うことが出来ました。

こういう時、同人作家がよくやる漫画レポートというのを
僕もやってみたいといつも思うのですが漫画は時間がかかるのと
来てくれた方々をちゃんと描かないと失礼だなということで
どうも筆が動かなくなります。
文章で表現しても僕が書くと味気ないですが;^^


■神島悠さんへ

来て頂いてありがとうございます。
ルーミアの方です。といったら語弊があるかもしれませんが
この方の描かれるルーミアが可愛い。
むしろ幼い子全般描くのが上手い。
最近さよっささんの企画した打ち上げでお会いしました。
成人向けも描かれるので自分には描けない才能をお持ちで
凄い尊敬とともにそれが創作の刺激になったりします。
これからもよろしくお願いします。



■カンダタさんへ

mixiで交友のある早苗さん好きな方です。
よく日記に早苗さんが出て来るので日記を見るのが面白いです。
この方の描かれるイラストがまた絵本のようなテイストで
漫画も絵本のようにファンタジーとほのぼのした雰囲気が素敵です。
早苗愛も去ることながら守矢一家のほのぼのとした感じがいいです。
また新刊を楽しみにしています。


■奇人さとさんへ

来て頂いてありがとうございます。
この方とは最近よくイベントの打ち上げでお会いしたりしてます。
時々コスプレしてくるので一瞬誰だかわからないときもありました。
コミケでパチュリーのコスプレをした人が本を買ってくれてその後
さとさんだと気づいたり、、美容関係のお仕事をされてるのか
メイクが上手くて女性だと思ってました。
素顔は明るい方で話していて面白いです。
渡せる本が無くてすいませんでした・・・


■小林猫又卿さんへ

来て頂いてありがとうございます。
新刊も頂きました。挨拶周りの醍醐味はやっぱり新刊交換ですね。
帰って楽しく読ませて頂きました。
いかついイメージもありましたが優しく接してもらって
凄くおおらかな方なんだなと感じました。
一方で描く作風はダイナミックで本人とのギャップが感じられます。
挨拶周りでは、よく絵と作者のイメージの違いに驚かされることがあります。
この方も艦これにはまっていたのでいつか共演出来るといいですね。


■さよっささんへ

来て頂いてありがとうございます。
この方とは付き合いも長く、同じ大分の出身ということもあり
以前から仲良くさせて頂いており、ぼっちの自分としては大変
ありがたく感謝しております。
打ち上げにもよく誘っていただきありがとうございます。
さよっささんの顔の広さには驚かされます、趣味もたくさんあるので
楽しいだろうななんて羨ましく思うこともあります。
合同誌を発行する企画行動力もあるので尊敬します。


■つきかえこのかさんへ

来て頂いてありがとうございます。
この方も長い付き合いになりますがまだお会いした回数は少ないです。
新刊を頂きました。ありがとうございます。
さとさんたちと一緒にこいしちゃんを描く約束をしたのに描けずに
ごめんなさい。数年前と比べて画力がグンと上がって
絵に対する向上心も強い方なので、僕も良い刺激になります。
またご飯食べに行きましょう。


■平原山猫さんへ

来て頂いてありがとうございます。
一瞬顔が思い出せずすいませんでした。
こういうイベントではよくあることですけど
顔を覚えるのって難しいです、
でも山猫さんの描かれるフランちゃんは
一度見たら忘れられない可愛さがあります。
とても明るくて前向きな方で何度も元気づけられました。



■名刀無垢さんへ

来て頂いてありがとうございます。
最近グッズ糸に注力されており、描かれるイラストも
ほんわかした暖かく優しいイラストで可愛いです。
キーホルダーとかが同人ショップに委託されているので
たくさん持ってます。
最近出された小悪魔のクッションも素敵です。
本人はいつもニコニコ笑顔が印象的な方です。
僕も無垢さんみたいに
笑顔が素敵な明るい人になりたいです。



■もやしさんへ

大学時代の後輩です。まさか彼が来るとは思わなかったので
びっくりしました。恐らく3年ぶりの再会だと思います。
彼もまた大学の頃は同じ部活で絵を描いており
キレのあるカッコいい絵を描きます。
卒業してしばらくは仕事の為絵は描けないとのことでしたが
いつかともにサークル参加する日を望んでます。



■YUCHIEさんへ

来て頂いてありがとうございます。
付き添いの2Pさんともしりあうことができ、さらに
YUUさんと2Pさんと、うちのお手伝いあぽろ君と
4人で打ち上げに行ってきました。
それにも来て頂いてありがとうございます。
打ち上げというか絵の話とかたくさんできて
YUUさんも真剣に聴いてくれて嬉しかったです。
年も近くて、ちょっと懐かしい話とかでも盛り上がって
楽しい打ち上げとなりました。
最近絵を描かれるようになったというのですが
絵のクオリティーも高く上手いです。
僕もそうだったんですがやはり初心の頃は
絵や写真の模写が一番力が付きます。
YUUさんは向上心が強いので何でも吸収するタイプだな
と思いました。僕も頑張ろうという気持ちになりました。




以上で当日ご挨拶に来て頂いた知り合いの方の紹介と
それぞれに向けたメッセージを終了します。
万が一漏れがあったら土下座して謝ります。
否、切腹します。

しかし当日来て頂いた方の中にはツイッターやピクシブ・mixi等で
繋がりがあるにも関わらずこっそり来て本を買って頂いた方も
いらっしゃるかもしれません。
そういった方々へ、気付かなくて申し訳ありません。

恥ずかしいエピソードですが
お手伝いに来ていたあぽろ君が
サークルの机の外側に立っていたところに
「よろしかったら見て行って下さい」
と声をかけてしまったほど
僕は人の顔をよく見ていません(笑)


おおむね紅楼夢の思い出は以上です。
イベントの後YUUさんたちと打ち上げに行くんですが
その話は上で語ってます。
重ね重ね申し上げますが、YUUさん、2Pさん
打ち上げに来て頂いてありがとうございます。


今度のイベントは冬コミです。
地霊殿の画集作りますが間に合うか不明です。

あ・・・
重大発表を凄く自然に、
しかも凄く雑に報告してしまった。

では気を取り直してもう一度大きな声(文字)で発表します。


冬コミ最新作
地霊殿フルカラー画集

東方蜃気楼ー地の書ー (仮)

制作決定!!



ご期待下さい





にしもん


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村
button button button button button

【紅楼夢】おつかれさまでした1/2【レポート】

こんにちは、にしもんです。

紅楼夢の思い出を書きたいと思います。

完全な日記になってしまってますがご了承下さい。



平成25年10月12日(土曜日)晴れ

紅楼夢前日

僕は会社が夜勤明けで仕事場のあるJR茨木駅から新大阪へ行き

そこで明日売り子を手伝ってくれる「あぽろ」君を待った

彼はコミケや例大祭でも手伝ってもらってるのでうちのサークルのことを良く知っている。

新大阪で合流してどこへ行くでもなく、行先は大体日本橋くらいしか思いつかない。

日本橋でとらのあなに寄って今はまってる艦隊これくしょんのアンソロや

毎回買ってる東方サークルのアレンジCDを買った。

僕は日本橋にくると大体買うものは決まっている。

いつも買ってるサークルの物しか買わない。

そのあとボークスに寄って戦艦のプラモとか見に行ったら

やっぱり艦これ色が強く出てて面白かった。

実は今艦これの原稿もやってるので

思い出して少しブルーになった。






平成25年10月13日(日曜日)晴れ

【紅楼夢当日】



いよいよ合戦の火蓋が切って落とされるこの日において

僕の士気は、どう考えても戦いのそれでは無かった。

今まで誕生日席で優遇されていたのが、今回は島中の配置ということもあり

気分が高揚しなかったせいもあっただろう。

だが一番大きな原因と思うのは、

かねてから自分を追い込んできた絵のスランプであろう。

逆に、逆に今日一日のりきればこの重圧から逃れられると思へばすっきりした。

今までも何度も、イベントの当日の朝というのはこういう暗い気持ち

ネガティブな雰囲気になったりするものだが、今日は日頃からの悪条件が重なっていた。

僕がこんなになってしまった原因をぐちぐちと愚痴るのは、ご覧の皆様も僕自身も気が滅入るので

イベントでの思い出をありのままに話したいと思う。



【会場に着いてからのこと】


あぽろ君と共に会場入りしたのは8時くらいで

思ったより一般の列は短いように感じた。

サークルの列形成は始まってなかったので

一般列を眺めながら自販機の近くでしばらくあぽろ君と東方の話をした。

そういえば大⑨州祭では東方オンリーイベントなのに

艦これ本が多数あって問題になっていたので

今回もそうなるのだろうかと、話し合った。



【東方オンリーイベントなのにメインは艦○れ本】

僕としての考えを言うと

イベントは運営・サークル・一般参加者が一体となって作っていくコミュニティの一つであり。

サークル参加者が表現したい物を自由に(近年その自由が脅かせれつつあるが…)表現できる場であり

一般参加者は、多種多様の表現に触れることができる。それは宝探しと同じで、とてもワクワクする。

サークルと一般参加者は東方Projectという作品を、【心で共有】できるのだ。

これが僕が思う理想の同人イベントだ。

であるから、一般参加者とサークル参加者の間で完全に共有できる、

双方納得の行く手段(作品)であれば問題は無い。

言い換えると、東方"オンリー"イベントに来る一般参加者のことを考えて

サークルは出版物を考えよということである。

僕は今回サークル側に立ったが、もし一般参加だったら・・・

もちろん東方が好きだから紅楼夢に行く。

東方の同人誌が欲しいから紅楼夢に行く。

東方の話がしたいから紅楼夢に行く。

どうかサークル参加者は、この気持ちを裏切らないで欲しい。



【入場してからのこと】

ここまでくると、さっきまで感じていた不安とか恐怖であるとか

そんなモヤモヤした暗雲は吹き飛び、あとは野となれ海となれ

精一杯頑張って、同人誌を売って売って売りまくって

一所懸命、一つの所に命を懸け、ただ我武者羅に、

他のことは一切考えずに突き進むだけ。

泣いたり笑ったりする暇なんてない。




後編へと続く・・・





【おまけ】

この色紙が紅楼夢でお嫁に行きました!
koisikisi.jpg
幻想郷にお住まいの S様 ありがとうございます!!




にしもん

にほんブログ村 ゲームブログ 東方Projectへ
にほんブログ村
button button button button button

紅楼夢に参加します【C-18a】



◆紅楼夢受かりました。
配置:6号館C-18a
持っていく物:夏コミの新刊画集と既刊。
そしてクリアファイル等のグッズ各種。
あと水とチョコレート(自分用)。



おはこんばんちは、にしもんです。

明日はいよいよ紅楼夢です。たった今準備が終わったところです。
相変わらずバタバタしてたんですが
先月から今月にかけて身体と精神に疲れを感じる出来事が多く
絵も描けず、食事もとれず、睡眠もとれずな毎日でした。
早く抜け出したいと思いながら日々戦っております。

ピクシブに新しく射命丸の絵をアップしたんですが
絵の詳しい解説は後日書きます。
今夜はもう明日に向けて睡眠を取らなければなりません。
最近は眠りが悪く何度も目が覚めるので
寝る前にお酒を飲んでぐっすり寝るように心がけています。
それでも何度か起きることがあります。
とくに今日は明日のことが心配で寝れないかもしれません。

明日はこれまでの同人イベント参加経験の中でも特に
メンタルが弱く、不安を強く感じるイベントになりそうです。
強く、自信を持って頑張りたいと思います。

スペースはC-18aです。頑張ります。


にしもん

button button button button button
企画詳細ページはコチラ


Twitterでフォローする

Twitterでフォローする

pixiv投稿イラスト


pixiv

ニコニコ静画

アーカイブ

09 ≪│2013/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

タグクラウド

アクセスカウンター

Copyright © にしもん

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。