ご購入はこちらから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
button button button button button

【ラフ画②】古明地こいし

古明地こいし【ラフ②】



②色塗りの前の色塗り

ペン入れ作業に入る前に
大まかに色を塗ります

この工程の目的は「完成をイメージ」することです
一から色を塗り進めると、完成した時
当初のイメージ通りに仕上がらないことがよくあります。
その原因は「一つの色は一定ではない」からです
オブジェクトの形や周囲の色彩に依存する為
同じ色でも様々な顔を持つ為、パズルを組み立てた時
違和感を感じてしまうものです。

そこで最初に全体の色を試しに塗ってみて
予め完成をイメージします。
この段階で「おかしいな」と感じたのなら
もし一から頑張って色を塗っても
後戻りできない状態になってしまいます。
なので最初にイメージを明確にする意味も含めて
大雑把で良いので全体の色を塗ります。

この工程では少し離れてぼんやりと観察するのが効果的です。
全体のバランスが確認しやすくなります


この絵では人物の下に光源があって
下から照らしていることを最低限のメモ程度に描いています
シルエットが明るいので面光源のような効果に見えますが
最終的には点光源の効果が得られるようイメージしています。

後から自由に描き加えの利く花は省略しました
この配色に合う花の色は「赤」です。
薔薇の花を水面に浮かべることで
絵を観る人の目線を水面から顔へ向かって誘導させる目的があります。

天井は崩れており星空が見えます
下からの柔らかい光とは別に
静かな夜の光が逆光となって
帽子の輪郭を浮かび上がらせます。
これは帽子の色がもともと暗い色なので、周囲に隠れてしまう為
そのようなライティングにして形がわかるように工夫しました。

この絵の水面のイメージは失敗しています。
このような細かい波立ちでは河のような自然風景に見える為
室内に水溜りが出来ているという人工的な状況を表現する為にも
静かな水面に人物や風景を鏡面反射させるべきでした。


ここからペン入れに入っていきます

今日はここまで


にしもん



にほんブログ村 ゲームブログ 東方Projectへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
button button button button button

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://digitalmirage.blog110.fc2.com/tb.php/303-dd8c3387
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
企画詳細ページはコチラ


Twitterでフォローする

Twitterでフォローする

pixiv投稿イラスト


pixiv

ニコニコ静画

アーカイブ

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

タグクラウド

アクセスカウンター

Copyright © にしもん

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。