ご購入はこちらから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
button button button button button

【(5)下地塗り(背景)】古明地こいし



【(1)ラフ画】 → 【(2)配色ラフ】 → 【(3)ペン入れ】 → 【(4)下地塗り(キャラ)】 → 【(5)下地塗り(背景)】


(5)下地塗り(背景)



 続いて背景の下地塗りです。
ぶっちゃけ背景というのはパース(遠近法)をしっかりとって
ベースを正しく作図しておけば、あとは細かく埋めていくだけで
全くの初心者でもそれなりの背景が描けるのではと思います。

私もまだまだ至りませんが、ごまかしごまかしでも
背景を描く方法はあります。

 同人誌や萌え絵(?)というメディアを基準に考えるなら
別に絶対背景を描かなくちゃいけないというわけでもないですし
背景が無い方が良く見える場合もあります。
どこかの風景ではなく、模様で飾ったり、綺麗な花で埋めつくしたり
文字を埋めてタイポグラフィみたいにしても良いわけです。
背景は無限の可能性を秘めているので、
描き手の個性や生き方が現れる部分だと私は思います。

 いかんせん風景を描くことに苦手意識を持つ人は多いです。
パースって何?空気遠近法って何?
水って何色で描いたらいいの?木と森って違う色なの?
疑問を挙げれば限りが無いですね。

 しかし私もまた、その背景に悩まされる皆さんの仲間です。
いつもどうしようかと考えます。
その度に私はある3つの基準をもとに背景を組み立ててイメージを膨らませます。
せっかくなのでその「3つの基準」を紹介して本工程を締めくくりたいと思います。





背景を組み立てる3つの基準


(1)5W1Hに基づいて考察する

5W1Hは「いつ・誰が・なにを・どこで・なぜ・どのように」
ということですが、「誰が・なにを」の二つだけでも
場所が限定されるかと思います。

 例:「誰」→霊夢/「何を」→賽銭泥棒を捕まえる

この例では「捕まえる」という動詞に対して
「相手」がいることが想定されますのでぴったりのペアを探します。
適当に絡みの多い魔理沙にしましょう。
そして次のように考えます。

○「どこで」→賽銭がある博麗神社で現行犯逮捕、
もしくは「名探偵霊夢」の捜索により犯人の魔理沙の自宅に家宅捜索。

○「いつ」→時刻はいつでも可。
ただし捕まえる「過程」とその「瞬間」、
及び「その後」の三つにシーンが分別できます。

○「なぜ」→そのお金がないと食っていけないから、
霊夢は半分死にそうな顔をしています。

○「どのように」→
 過程:走って追いかけるのか、
それともしらばっくれる魔理沙を尋問するのか。
 瞬間:魔理沙から力ずくで賽銭箱を奪い取る様子なのか
全力の夢想封印が魔理沙を襲うのか。
 その後:こてんぱんにやられた魔理沙に焦点を当てるのか
魔理沙を縛り上げて拷問している様子か。




(2)遠景・中景・近景をはっきり分類する
とくに住居などの室内を描く場合は全体的に近くなるので
窓の外に遠くの山とかビルを描いたり
手前にコップや花瓶、置物を置くことで奥行きのメリハリがでます。
山と木と葉のある景色だけでも充分迫力のあるものが描けます。
またその重なり方だけでも遠近感は表現できます
(物体の大きさの関係に注意します)


(3)どこに光源があるのかはっきりさせる
私は下から光を当てることが多いです。下からの光というのは
自然界ではなかなか考えられないライティングですので
絵を観る人には、人工的あるいは幻想的な印象を与えます。
逆光にすると人物は暗く写りますが輪郭をはっきり見せたい時に有効です。
真正面からの光は人物の影を奪い、平面的になるのでお勧めしません。
真上から光を当てると目の表情が掴みにくくなり、
どんよりした雰囲気を醸し出します。
一般的に美術の世界では斜め上からの光が
対象を一番立体的に見せるので良いとされています。
しかし、前述のとおりライティング一つで
感情や雰囲気を作ることができますので
絵の中にストーリーを作っていく上でもライティングは重要です。
どのようなタイプの光源?光の色は?と考えると可能性は無限大です。



今日も長くなりましたが読んで頂きありがとうございます。
自分自身まだ至らない点がたくさんありますが、
この解説は「僕はこうしてるよ」という経験談です。
もっと上手い人の作品を見習っていきたいですね。


次回は【(6)陰影】の工程に入ります。


にしもん


にほんブログ村 ゲームブログ 東方Projectへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
button button button button button

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://digitalmirage.blog110.fc2.com/tb.php/306-0d4bb623
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
企画詳細ページはコチラ


Twitterでフォローする

Twitterでフォローする

pixiv投稿イラスト


pixiv

ニコニコ静画

アーカイブ

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

タグクラウド

アクセスカウンター

Copyright © にしもん

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。