ご購入はこちらから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
button button button button button

【(9)背景】古明地こいし

【(9)背景】古明地こいし

【(1)ラフ画】 → 【(2)配色ラフ】 → 【(3)ペン入れ】 → 【(4)下地塗り(キャラ)】 → 【(5)下地塗り(背景)】
→ 【(6)陰影(髪と眼)】 → 【(7)陰影(服)】 → 【(8)陰影】 → 【(9)背景】


(9)背景



 背景が仕上がりましたので解説していきます。

 今回の背景は「忘れ去られた宮殿」というイメージです。
退廃して寂しい雰囲気と、清閑で寒々しい気配を感じさせ
絢爛豪華な建築美が華々しい過去の栄光を称えているかのようなイメージで描きました。

 建築物を描くときはなんといってもパースありきです。
基本のパースがとれていれば、あとは細かく描き込むだけの簡単でメンドクサイ作業です。
描き込む前にパースが正しくとれているか確認しておかないと
後々「やっぱり歪んでました」では修正が利かなくなって後の祭りです。
この作例でもパースで失敗して何度か描き直しました。

 背景では遠景・中景・近景ごとにレイヤーを分けた方が作業し易いかと思います。
遠景ほど彩度とコントラストを低くして薄く描くことによって空気遠近法の感じが表現できます。
一番遠くの柱は線を一本引くだけで、丸みを表現するようなカゲは塗っていません。
レイヤーの不透明度を下げることでも空気遠近法を簡単に表現することが出来ますが
後ろに物があると透けて見えてしまうのでなかなか使用する機会の少ない小技です。
一番遠くにある景色だったらこの方法は有効です。

 薔薇の色彩に注目すると空気遠近法がわかりやすいかもしれません。
遠くの薔薇ほど、色が周囲の色に溶けており、コントラストは低いです。

 また、系の色は寒色系の色は暖色といって色の温度が違います。
暖色系の色は進出色と呼ばれ、手前に飛び出て見えます。
一方寒色系の色は後退色と呼ばれ、奥に遠のいて見える性質があります。
この薔薇の例でも、手前の薔薇は進出色、奥の薔薇は後退色を使うことで
より効果的な遠近感の表現に挑戦しています。
ただ単に ”大きい小さい” だけが遠近法ではないのです。



 次回はいよいよ【(10)仕上げ】(最終回)です
キャラクターの小物類や全体の色彩を調整する作業に入ります。
個人的に「仕上げ」は一番ワクワクする工程だと思います。
仕上げの工程は作品の魅力を一段とアップさせたり、あるいは真逆にダイナシにさせたりする
ギャンブルのようにスリルのある工程ですので、楽しめること請け合いです。


 長いメイキング解説になりましたが、ここまでお付合い頂きありがとうございます
次回【(10)仕上げ】で最終回となりますので、何卒最後までお付合い頂けると幸いです。

本日もご覧頂きありがとうございます。




にしもん



にほんブログ村 ゲームブログ 東方Projectへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
button button button button button

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://digitalmirage.blog110.fc2.com/tb.php/311-1e074d70
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
企画詳細ページはコチラ


Twitterでフォローする

Twitterでフォローする

pixiv投稿イラスト


pixiv

ニコニコ静画

アーカイブ

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

タグクラウド

アクセスカウンター

Copyright © にしもん

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。