ご購入はこちらから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
button button button button button

[小町]線画とカラーラフが完成

▼小町のカラーラフが完成しました

小町ラフ

▼ちなみに線画がこちら
小町線画


線画に無駄に時間かかったなぁ…カラーラフもだけど。
ここまでは自分のイメージ通りの画が描けているので
これを元に一から塗り直していきます。
完成したら久しぶりにピクシブとかにも上げようと思います。



「夜・花・月明かり・灯火」

私はよくこの題材を描きます
個人的にこれは6,7年前から研究している画題ですので
今回もそのスタンスに変わりありません。
永遠のテーマと言っても過言ではありません。

この小町は前回描いたこいしの風景と比べると上記の点で似ていますが
テーマというか、モチーフは全くことなります。

こいしの絵は「神秘・不気味さ・恐怖・不安」をイメージして描きましたが
この小町は「儚さ・懐かしさ・不安・安心」の表現に挑戦したいと思います。

不安で安心とは矛盾しています。それは何故か、




■絵のテーマ解説


ここは三途の河で、あなたは死にました

あなたは今まさに河を渡ろうとしているとイメージして下さい

水先案内人の小町に駄賃をあげて河を渡ろうとします。

河の向こう側は果てしなく続いているように感じられ

終わりが見えません。どこまでも暗く、

あなたはとても不安に思います。


その時あなたは、流れてきた彼岸花に気付きます。

どこまでも美しい花でした。

これが、河の向こう側、つまり彼岸から流れてきたのだと思うと

終わりの無いように見えるこの三途の河でさえ

終わりは在る、いつか辿りつけるのだと

彼岸花に勇気付けられます。


彼岸花よ、どうか枯れないでいてくれと強く願いました





「色見えで うつろふものは 世の中の
         
           人の心の 花にぞありける」

---小野小町(古今和歌集797)






これがこの作品のテーマです。

また完成したら解説していきます。



最後まで読んで頂きありがとうございます。






にしもん > 小町の美しい和歌に、時を越えて感謝^^



にほんブログ村 ゲームブログ 東方Projectへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
button button button button button

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://digitalmirage.blog110.fc2.com/tb.php/341-b9b7f90e
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
企画詳細ページはコチラ


Twitterでフォローする

Twitterでフォローする

pixiv投稿イラスト


pixiv

ニコニコ静画

アーカイブ

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

タグクラウド

アクセスカウンター

Copyright © にしもん

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。